住替えについて 売るのが先か 買うのが先か

query_builder 2022/12/09
住み替え
dea9321749735b4d07bbb505e6cc16d1_t

住み替えを検討すると多くの方が『売り(売却)』が先なのか『買い(購入)』が先なのか悩まれるのではないでしょうか?

そこで今回は住み替えを検討する際の注意点をいくつか紹介します。

まず初めにやること

今のお家の査定をしましょう

残債

査定をすることによってお家の価格(現在の価値)が分かると同時に、お家の売り時や現在の住宅ローンが完済できるかどうか、また、売却に掛かる諸費用などもわかるので住み替えも進めやすくなります。

売るのが先

売りを先行させる場合

95ab9ba1707fb3d88e5546daaf9feb12_t

売り(売却)』を先行で進める場合、まずどれくらいの価格で売れるのか不動産業者に査定してもらい、売却を進めるための媒介契約(不動産の売却の依頼をするための契約)を結んで購入希望者を探すことになります。

売りを先行する場合だと、売却する現在のお家の引き渡し日と新しく購入するお家の引き渡し日をできるだけ近い日に設定することが必要となります。

売り先行の場合のメリット

不動産査定

売りを先行させる場合のメリットは新居購入の資金確保できることと、比較的売却に要する日数余裕が持てることです。

売り先行の場合の最大のメリットが、新しいお家の購入費用工面しやすいというところにあります。

先に今住んでいるご自宅を売却し、売却が済んでから新しいお家を購入しますから、売却した代金を次のお家の購入資金として充てることができるので資金計画も立てやすいです。


次に、自宅の売却期間に余裕が持てるため、値引きなどをせずに高い価格でお家を売却することができます。

お家を高く売却することができればお家の住み替えに必要な資金が確保されるため、大きなメリットとなります。

売り先行の場合のデメリット

不安な人

売り先行の住み替えに際するデメリットとしては、2回の引っ越しをしなくてはならない可能性があります。

先に今住んでいる自宅を売却してしまうため、購入する新居の引き渡し日が売却するお家の引き渡し日と離れてしまうと、その間は仮住まいで生活をするようになります。一時的に賃貸を借りたり、実家に間借りする。。。などというケースの場合引っ越しを2回することになります。引越しの手間や時間費用もそれなりに掛かりますからできるだけ少ない方が好ましいでしょう。

その他に、新しいお家を選ぶ際に妥協してしまうことも予想されます。

今住んでいるお家の売却が決まってから大急ぎで次に住むお家を決めてしまうと、どうしても期間的に余裕がなくなり妥協してしまうこともあるでしょう。

そもそもの住み替えの目的が達成できなくなる可能性もあり、新居選びで妥協してしまっては本末転倒となってしまいます。


こういった点が売り先行のデメリットとして挙げられます。


このことから、住み替えの資金面での負担が小さくなりやすいので、住み替えはしたいけど資金面に不安がある方や、住宅ローンの返済中の方などは多少手間はかかりますが売り先行で住み替えを進めると良いでしょう。

買うのが先

買いを先行させる場合

不動産査定

買い(購入)』を先行させる住み替えの場合は、新しいお家を先に購入し、その後に住んでいたお家を売却する方法となります。

そのため、売り先行の場合よりもスケジュールが調整しやすくなります。

その一方で、先に住み替え先となるお家を購入しますからより多くの資金が必要となります。

買い先行の場合のメリット

pose_naruhodo_man

買い先行の場合のメリットとしては、引っ越しが1度で済むので手間を省けます。また、今現在住んでいるお家があるので新しく購入するお家をじっくりと妥協せずに探すことができます。この2つが大きなメリットとして挙げられます。

買い先行の場合のデメリット

computer_monku

一方で買い先行での住み替えのデメリットとしては、住宅ローンが二重ローンになることがあります。ご自宅の売却前に新しいお家を購入しますが、自己資金のみで購入できる方は限られるでしょう。

新しくお家を購入する資金を借入できたとしても、現在のお家が売却できるまでは住宅ローンが2つとなってしまいます。

今現在住宅ローンを利用しているのであれば住宅ローンの支払いが倍近くになりますので、今まで通りの生活ができるかどうかよく考える必要があります。住み替えをして住宅ローンの返済に苦しむようでは元も子もありませんからね。


次に考えられるのが資金計画が立てずらいという点です。

現在住んでいるお家がいくらで売却できるか分からないまま新しいお家を購入するためです。新しいお家を購入し、二重ローンの期間が長くなってしまうとできるだけ早く売却したいがために値下げを繰り返すということにもなりかねません。このようなことが買い先行での住み替えのデメリットとして挙げられます。


このことから、資金的に余裕のある方や、現在のお家が人気の高いエリアにあり、比較的早期に、なおかつ高額で売却できそうな場合などは、買い先行での住み替えをしても大丈夫でしょう。しかし、住み替え後の資金難にならないよう詳細な資金計画を立てて乙必要があります。

売り、買い同時に進める場合

売りと買いを同時に進める住み替え方法

house_ie_sagashi

売りと買い両方同時に進めることもできます。現在住んでいるお家の売却活動を行いながら新しいお家を見学したりして探す方法です。

売却と購入を同じ日にする、もしくは数日間のうちに住み替えるということになります。

売り、買い同時に進める際のメリット

この方法はうまくいけば自宅の売却を新居の購入や引っ越しなど全てを一度に終えられるというところがメリットとして挙げられます。

また、新しいお家の購入費用も売却で得られた資金を充てることができるため大きな資金負担を負わずに済む可能性もあります。

買い先行や売り先行の際の手間が省けるところと資金面での負担が少なくて済むところは良い点でしょう。

売り、買い同時に進める際のデメリット

売りと買い同時』に進める住み替えが『売り先行』『買い先行』のメリットを併せ持っているのであれば同時並行型でお家を住替えた方が良いと感じている方も多いかと思います。

しかし、少なからずデメリットもありますので、デメリットについてもよく理解して進めるかどうかを判断した方が良いでしょう。

まずは新しく住むお家が見つかる前に自宅の購入者が見つかると、新しいお家選びを焦ってしまうというところです。

売り、買い、同時に進める場合だと自宅の引き渡し日と、新居の引き渡し日を同じ日か数日以内に設定しないといけないので想定より早く購入者が見つかった場合は早急に新居をみつけて購入するか、その購入希望者をあきらめるということになります。

その後新たに購入希望者が現れる保証もないため、その購入希望者に自宅を売却すると住み替え先のお家を大急ぎで決めなくてはならなくなり、大きな妥協をしてしまう可能性があります。


次に逆のパターンもデメリットとして挙げられます。先に新居が見つかってしまうと売却を焦ってしまうというパターンです。

新しいお家が見つかってもそのお家はいつ売れてしまうか分かりませんから、できるだけ早く今のお家を売却したくなってしまいますが、こうなると大幅な値下げをしてしまい資金的にも大きな負担を負うことに繋がります。

本来は高値での売却が可能だったものをご自身の都合で安く売却してしまうわけですから後悔してしまうことも十分考えられます。


そして、売り、買い同時に進めることが難しいという点です。

自宅の売却がいつごろになるか、あるいは新しいお家がいつ頃見つかるかということを予測することができないためです。

特に自宅がどれくらいの期間で売却できるのか、いつ買い手が現れるかは調整できないからです。こういった理由で同時に進める方法は実現することが難しいと言えるでしょう。


こうしたメリット、デメリットやリスクを理解したうえで進めていき、難しいと感じたらすぐに売り先行や買い先行に切り替えると良いでしょう。

まとめ

弊社が勧める住み替え方法は。。。

goteiann

弊社では住み替えを検討する際には『売り先行』をお勧めしております。

なぜかというと、先に売り値を把握しますから購入時の資金計画が立てやすいので新居選びの失敗が少なくなります。

購入を先行するとご自宅が売れないリスクがついて回りますし、いつ自宅が売れるのかという心配事も増えてしまいます。

また、住宅ローンが2つになり不安が出てきたりということもあります。


なので、今のお家がいくらで売れるのか決まった後で、新しいお家の購入を進めていく方が『資金的』にも『持ち的』にも負担が少なく安心して住み替えを進めることができます。


住み替えの際には色んな事情や条件を踏まえたうえで進める必要があります。

住み替えという目的を達成していただくために一緒に相談しながらベストなご提案をさせていただきます。

どんな些細なことでも結構です。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

----------------------------------------------------------------------

ハウスネット不動産ガイド

住所:福島県郡山市八山田5丁目395番地

電話番号:0120-034-577

----------------------------------------------------------------------